Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(歓迎会編) & (ダンス祭り)

(歓迎会編)

もう食べれないですよ…。
お好み焼きはこの世で一番好きな食べ物ですけど、昨日の夜も今日の朝も食べたんですよ?
それなのに、何で後輩の歓迎会でもお好み焼きを食べに行くんですか?
しかも、車を運転しないといけないから、先生に「キミは飲んだらダメッ!」と言われ、一滴たりともお酒が飲めませんでしたっ! がるるぅぅぅ!(禁断症状発動)

まぁ、皆が酔っ払っている姿をシラフで見るのは楽しいですよね~。いつもは逆の立場に僕はいるので、

「うわぁ…、酔っ払っている人ってイタイなぁ…」

と、深く深く知ることができました。本当にありがとうございました。特に、○藤さんや、○上先生の絡みが酷かったなぁ…。
一瞬マジで、

三 (lll´`)

って、感じになりましたからねぇ…。まぁ、普通に楽しかった。お腹もいっぱいだ。

(ダンス祭り編)

今日のお昼に事件は発生しました。
「えっ…、サ○○ン?」(僕)
そう…、そこにいたのは社会人になったはずの僕の同級生でした。一瞬、幻覚でも見ているのか、と我が目を疑いました。
「あっ、しみっちゃんや」(サ)

本物だッ! この声は…、サ○○ンだっ!

何でも、ゴールデンウィークという社会人にはなくてはならない休みを利用して、母校にやってきたと言う話でした。

「おっ、しみっちゃんもいる」(○うさん)

もう一人いたッ!!
そうして、OBが二人、突如何の前触れもなく姿を現しました。
二人の訪問にテンションが異常に上がった○田が、僕にハルヒの踊りを踊ってくれっ、と懇願してきました。

「ったく、しょうがねぇなぁ…」(僕)

スタンバイした僕の両脇に、無言で立ち尽くす○田と小○クン。
「(お前ら踊り知らないだろう…)」(僕)

ミュージックスタート!

あるっ~晴れ~た~日~のこと~、魔法以上の~

――――――1回目終わり

「しみっちゃん、もう一回踊ってくれッ!」(○うさん)

○うさんの目はイキイキと輝いていました。

ミュージックスタート!

あるっ~晴れ~た~日~のこと~、魔法以上の~

「(むっ?)」(僕)
僕の両横にいた二人が、さっき僕が踊った振り付けをプチ踊っている…。ふっ…、そこ意気込みや良し。

――――――2回目終わり

「おぉ~、踊れるんじゃないか?」(小○)
だんだん皆の息が合ってきた様な気がします。
僕は上着を脱ぎ、再度トライします。

ミュージックスタート!

あるっ~晴れ~た~日~のこと~、魔法以上の~

――――――☆

大きな~、夢 夢 好きでしょ?

ダ~ンダ~ン、ダッダダダンッ、ダッダダンッ、ダッダンッ!

僕は空へと指を指し、両脇の二人は両手を広げてポーズ。三人の域がぴったりと合った瞬間でした。

「しみっちゃん、踊りのタイミング完璧じゃん!」(○うさん)

普通に驚いた○うさん。ちょっと嬉しい…。

「なぁしみっちゃん。ここどうやってやるんや?」(小○)

小○クンにサビの振り付けを教えてあげましたが、歓迎会の時間になってしまったので、ちゃんと教えてあげる時間が無くて残念でした…。

「じゃあ、みんなまたねっ」(僕)

久しぶりに見た同級生は、二人とも何も変わっていなくて、本当にその当時のまんまだったので、僕はすっごく懐かしい気分に浸れることができました。

まぁ、二人から見たら、僕は少~~~~~~~~しだけ変わったように見えたかなっ♪

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

もしかして、このために練習をかさねていたのでは?!ヽ(@ワ@)ノ

【2006/05/02 11:33】URL | きつねこ #-[ 編集]

いえ、自分の自己満足ために練習を重ねていただけですっ♪
車の運転中とかにも、手の振り付けの練習をしたりと、日々の精進は欠かせませんよッ!w

【2006/05/02 13:11】URL | シミコン #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://i375ns.blog51.fc2.com/tb.php/49-b4adad04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。